家庭用脱毛器 医療レーザー脱毛

MENU

家庭用脱毛器と医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛はエステサロンや脱毛サロンのフラッシュ脱毛と比較されることが多いのですが、家庭用脱毛器とはなかなか比較されにくいポイントです。

 

家庭用脱毛器も医療レーザー脱毛と並んで人気の脱毛方法で、自宅で気軽に脱毛ができて、しかもだんだんとムダ毛が生えにくくなるので根気よく続けていくと永久脱毛も可能です。無理のないペースで行えること、脱毛箇所を他人に見られずに自己処理が綺麗にできるのがメリットです。

 

医療レーザー脱毛と同様のレーザーの照射ができる家庭用脱毛器もあるので、レーザーにこだわりたい方でも家庭で利用することも可能です。

 

このように家庭用脱毛器も医療レーザー脱毛とは違ったメリットがあるので、両者のメリットやデメリットを知りつつ、自分にあう脱毛方法はどちらなのかを確認する材料にしてください。

 

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器と言っても様々な機器が多くのメーカーから販売されています。
ケノンやトリア、センスエピなどが人気の商品で、家庭用脱毛器と検索すると絶対に出てくる商品です。

 

【家庭用脱毛器概要】

家庭用脱毛器

ケノン、センスエピはフラッシュ脱毛と同じ仕組で脱毛をしていきます。
照射範囲も広く、腕や脚の脱毛に向いています。機器もそんなに大きくはなく、自宅にのクローゼットなどに簡単にしまえる大きさです。靴を購入した時に入ってくる箱と同じぐらいのイメージです。
使用方法も簡単で、基本的には保冷剤などで照射したい範囲を冷やし、照射の繰り返しです。
脱毛以外にも美顔器としても使うことができるので、脱毛が完了しても使い続けることが可能ですし、エステサロンや脱毛サロン級の出力が出る機器もあります。

 

【メリット】
エステなどに通うのが大変だったり、子育て中や介護などで自宅を離れたり施設などを利用して預けてからじゃないとエステにはいけない!!という方にピッタリの脱毛方法です。
VIOラインなどの他人に見られたくないような場所も気軽に脱毛が自分で行えますし、1台購入することによって家族や友達とシェアすることもできます。また、体調に合わせて利用もできるのでエステなどのように予約日を必ず守って無理に行う必要もないので、マイペースに進めていくことも可能です。

 

好きなときに好きな時間に好きな場所で!というのが家庭用脱毛器の一番のメリットです。
子供のお昼寝の時間がいつもより多少過ぎてしまっても、ゆっくり寝かしつけをしてから、開始できますからイライライしながら予約時間までにサロンに通うこともなく楽しみながら脱毛ができます。

 

【デメリット】
自分で行わないといけないので、毛周期の管理や根気の良さが必要になってきます。また、消耗品があるのでコストパフォーマンスを考えて利用しないといけません。プロの機器とはやはり差があるので、サロンやクリニックに通っている人よりも多少、効果が遅く感じる人もいます。
なかなか効果が出ないので、途中で諦めてクローゼットの奥に片付けてしまわないようにする精神力が必要です。
それと、背中や腕の裏側、ふくらはぎやももの裏側の脱毛は自分で照射するのに体勢がきつくなるので、やりにくいと感じる場合もあります。

 

また、自分で行っているので万が一火傷などをしてしまった場合は、病院を探して処置しないといけません。エステサロンもドクターがるわけではないので同様なのですが、万が一にそなえて近くの病院を調べてあったり治療費も負担してくれる場合が多いです。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛はクリニックでドクターが施術してくれる安心・安全な方法でできる脱毛方法です。人気も高く、処理してくれるクリニックが増えてきています。

 

【医療レーザー脱毛概要】

レーザー脱毛

医療レーザー脱毛はクリニックで行う脱毛方法です。しかし、治療費は自由診療となるので自己負担ですから安くはない出費になります。また、医療費控除なども受けられないので費用を工面することが大切です。メディカルローンは利用が可能ですから、審査を受けてみるのも方法です。
レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも痛みが強いのですが、効果が高くドクターが肌の状態を確認しながら適切な出力で処置してくれるので効果を感じるのが早いです。

 

【メリット】
安心できることが最大のメリットです。ドクターの処置ですから万が一の場合もそうですし、敏感肌で悩んでいる方も脱毛の施術を安心して受けることができます。そして、高い効果も魅力的です。
レーザー脱毛は出力の強い光を毛母細胞に当て、熱エネルギーで破壊してくれるのですが、そのエネルギーは医師免許をもった人しか扱えないほどの強力なものですから、家庭用の脱毛器とはムダ毛に加わるエネルギーの強さが異なります。

 

【デメリット】
家庭用脱毛器やエステサロンよりも費用がかかります。キャンペーン等でワキ脱毛なら1000円など、エステサロン並みの料金で行ってくれるクリニックもありますが、全体的にみて高いです。
通う手間もありますし、多くのクリニックが女性専用ではなく男性・女性ともに利用する場所なので男性がいるのは嫌だと感じる場合はお勧めできませんし、ドクターも男性ドクターの場合もありますから見られたくない箇所の脱毛だと難しいかもしれません。

併用するのも方法です。

基本的にレーザー脱毛中に家庭用脱毛器で処理することはお勧めできません。
しかし、あまり気にならないけどゆっくり脱毛したいと考えている箇所だったら、高いレーザー脱毛を申し込むよりも自宅で気軽にできる家庭用脱毛器で処理するのがオススメの方法です。

 

例えば、ワキと腕はクリニックで医療レーザー脱毛。
手の甲と脚は家庭用脱毛器で・・・という方法もありです。

 

また、レーザー脱毛完了後、どうしても照射残しが出てきてしまう場合もあります。それに無料で対応してくれるクリニックなら再度通院して照射してもらうとよいのですが、そういったサービスがないクリニックなら再度高いお金を支払って処理するしかないのですが、家庭用脱毛器があれば自分で照射漏れのムダ毛を処理することができるので、便利に活用ができます。
照射漏れのムダ毛の場合、濃く太い毛が生えてくることはあまりないので、生えてきたら家庭用脱毛器で処理という流れのほうがクリニックまでに行く時間等を考えても良い方法です。