脱毛効果 上げる方法

MENU

少しでも早く脱毛を完了させたい!!

ワキ毛なし

医療レーザー脱毛を受けているけど、なかなか脱毛の効果を感じられない。時間がかかるのはしっていたけど、こんなにも時間がかかるとは!!と脱毛を始めた人なら思うかもしれません。

 

脱毛は毛周期に合わせて行っていくので、そう簡単にはつるつるにはならないのが一般的です。
それでも、自分の努力次第で、脱毛の効果をあげることができます。
誰でも簡単に効果をあげることができますし、必要以上にお金をかけることもなくできることなので、早く処理を終わらせるために頑張ってみましょう。

脱毛効果をあげる為に

美白することで効率UP!!

紫外線対策

レーザ脱毛は黒色に反応する特徴があります。なので、黒が目立つ状態にしておくことが大切です。簡単に言えば灰色の中に黒い点があるのと、白の中に黒の点があるのでは白の中に点がある方が目立つというわけです。つまり、お肌が白くムダ毛が黒の状態がレーザーがムダ毛に反応しやすいです。
日本人の肌の色は白ではないですから、白に近い状態にしておくようにします。日焼けをしたりしないようにしたり、お肌のくすみなどをとるようにケアをすることで脱毛の効果をあげることができます。
2〜3ヶ月に1回の照射ですから、照射と照射の間にお肌のケアを行い、美白をしておくようにしてください。

 

 

乾燥を防ぐ

乾燥しているとムダ毛は抜け難くくなります。お肌が潤っている方がムダ毛は抜けやすくなっています。
お肌が乾燥していると、ムダ毛は皮膚の奥の方に潜り込んだ状態になるので、レーザーが毛乳頭まで届きにくくなる可能性もあるからです。また乾燥している皮膚はダメージを受けやすい為、脱毛に必要は出力での照射が不可能になってしまい、低出力での照射になってしまいます。
すると、脱毛効果も半減してしまうというわけです。
足や腕などは化粧水などを塗るのも大変ですし、背中は特に自分でケアしにくい部分ですが保湿を心がけて日々努力をしておくとお肌もすべすべになりますし、脱毛の効果も上がります。

 

 

自己処理はカミソリやシェーバーで。

クリニックに通い始めるとやたらムダ毛が気になってしまうこともあります。早く次の照射にならないかな。などと焦ってしまう気持ちがあり、ついムダ毛を抜いてしまうことも。
脱毛は毛周期を考えて照射しているので、途中で毛を抜いてしまうと、毛周期がずれてしまいます。すると、次回の照射時にちょうど成長期に入るムダ毛に照射ができなくなってしまうので逆に時間がかかってしまいます。
なので、照射と照射の間の自己処理はカミソリやシェーバーで短く切るだけにしておくことが大切です。またこの時に処理後のケアをキッチリすることで保湿ができ、次回の照射時に効果的に施術を受けることができます。

 

 

予約日を守る

仕事の都合や体の都合もありますが、予約をするのには必ず次回の予約はいつ頃にすれば良いのかを相談して決めるようにしてください。毛周期は体の部位や体質によって異なってきますから、それに合わせてしっかりと見極めをしてくれる人の指示に従ったほうが効果を感じることができます。
脱毛のキーポイントは毛周期を守ることにあります。

 

 

規則正しい生活

早起き

現代人には一番むずかしいテーマかもしれません。
上記で説明したとおり、お肌の乾燥などのトラブルで毛周期に変化が起きてしまったり、お肌にくすみがあることによってレーザーが毛乳頭まで届きにくくなってしまう可能性があります。なので、規則正しい生活を送ってお肌がベストな状態を維持できるようにするのが効果的です。