レーザー脱毛中 処理方法

MENU

やってはいけない!レーザー脱毛中のムダ毛の処理方法

毛抜き

レーザー脱毛を受けている時に絶対にやってはいけない脱毛方法が毛周期を変えるような事はしてはいけません。なので、毛抜きで抜いたり、脱毛クリーム等で処理すると毛周期にズレが生じて、せっかく毛周期に合わせてレーザーを照射しても意味がなくなってしまいます。照射漏れなどの原因にもなります。

 

なので、脱毛期間中は絶対に毛を抜かないことが大切です!!

正しい処理の方法

レーザー脱毛の施術をうけたその日から2〜3日間はお肌をいたわることを考えてください。
なので、ムダ毛の処理もお休みするようにしましょう。

 

紫外線を浴びたり、お肌に雑菌が入るような海やプールもなるべく避けます。それから入浴は医師の指示に従って行うと良いです。多くのクリニックではレーザー照射したその日はシャワーのみとしていて、異常がなければ次の日から入浴が可能です。
油断は大敵ですから、数日間は自宅のお風呂で様子をみて時間を置いてから温泉などの浴場の利用をしてください。

 

レーザー脱毛は目に見えるようなキズや火傷の跡がないですし、照射時に痛みがある程度ですぐに痛みもひいてしまいますから、お肌をケアしてあげることを忘れがちです。
しかし、少なからずダメージは受けているので、清潔にしてたっぷりと保湿をしてあげることが大切です。

 

レーザー照射後のムダ毛の処理は、ムダ毛を切るタイプの電気シェーバーやカミソリで処理してください。要は、伸びてきてしまったムダ毛を切るだけの処理方法が一番です。

 

この方法ならムダ毛は伸びている部分だけがカットされているだけなので、毛周期を変化させることもありませんから、効果的にレーザー脱毛を受けることができます。

正しいカミソリやシェーバーの使用方法

カミソリやシェーバーでムダ毛を処理する時に大切なことは清潔であることです。
どちらも刃物ですから、取り扱いには十分注意して使用してください。

 

【シェーバー】
シェーバーは家電ですから取扱説明書がついています。
その他に、正しい使用方法も書かれた説明書もあるので、それに沿って行うのが一番よいです。機器によって特徴があり、石鹸をつけてお風呂で利用するタイプや乾燥した肌に使うタイプなど様々です。
処理方法を間違えるとお肌を傷つけてしまったり、上手に処理ができない場合がありますから、注意してください。そして、使用後のアフターメンテナンスもしっかりと行いましょう。
お風呂で使用するタイプなら水分をしっかりと拭き取り、乾燥させてからしまうなど雑菌が増殖しないように細心の注意を払って管理してください。

 

【カミソリ】

カミソリ

カミソリは100円で3本変える者から1本あたり500円するものなどお値段に幅があります。
やはり、金額をだせば良い商品が手に入れられます。
上手に処理する自信があるのであれば、3本で100円程度の商品でも良いのですが、できれば1本あたり300円前後の商品がお勧めです。
4枚刃であったり、安全ガードがついていたりと安心して使うことができます。また使用方法についてもしっかりと書かれている商品もありますから、それにそって処理していくと良いです。

 

一般的にカミソリは石鹸などでお肌の滑りをよくしてムダ毛を剃り落とします。この際にお肌を傷つけないように注してください。切り傷があるとレーザーが照射できませんから、その部分はキズが治ってからの処置になります。